お葬式の際に必要となる表書きの書き方

多くの人が挙げるお葬式の際に必要となるマナーに関する疑問の中で特に多い物となるのが表書きの書き方が判らないという物です。
そのやり方は筆ペン等を使って香典袋に水引から上の場所に薄墨で用途を書いた後、下に名前をフルネームで書くという物なのですが、実はこの用途というのが問題でこれは相手方の宗教によって異なる物となっているのです。
そこで役に立つ用途というのが御霊前で、これは全ての宗教において共通の物となる用途となっています。
またこの香典袋という物は表書きをした後でも裏側の折り方に注意が必要な物となっており、この場合には先に下側を折るという悲しみの意を表す手順を行ってから上の折りを重ねる物となっているのです。

礼状は、通夜や葬儀に参列してくれた人たちに渡すお礼の挨拶状のことを指します。本来は葬儀後に郵送するものですが、近年では葬儀場で会葬返礼品とともに手渡しをするのが一般的となっています。
また葬儀に参列することができずに弔電を送ってくれた人や、供花や供物を頂いた人に対しては、全ての葬儀を済ませた後に礼状を郵送します。親しい仲の人の場合は、電話で挨拶をすることも失礼にはあたりません。弔電だけでなく、香典も送ってくれた人に対しては、香典返しを送るとともに、あわせてお礼をしても良いでしょう。
そして特に故人と仲が深かった人に対しては、全員に渡す礼状だけでは伝えることのできない思いを込め、後日改めて手紙を送るとよいでしょう。

<PR>SEOアクセスアップ相互リンク集 / 超SEO対策 / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / 住宅リフォーム総合情報 / マッサージのリアル口コミ.com / 女性向けエステ.com / 健康マニアによる無病ライフ / お家の見直ししま専科 / クレジットカードの即日発行じゃけん / 生命保険の選び方 / 生命保険の口コミ.COM / 工務店向け集客ノウハウ / 心の童話 / 童話