葬儀の参列するときの服装について

葬儀に参列するときは以前は正式礼装を行うことが当然とされてきました。正式礼装とはモーニングや和装のことを示していますが、畏まった服装は時代にそぐわないという傾向になってきたため、葬儀の参列者の服装はブラックフォーマルという略式礼装が一般的になっています。いわゆる喪服と呼ばれるブラックフォーマルは、男性はダークスーツ、女性はダークな色みのスーツやスカート、ワンピースになります。ブラックフォーマルだからといって必ずしも黒でなければならないということはなく、濃紺やダークグレーなどでもかまいません。ネクタイは黒や暗い色の物にして柄も地味なものを選びます、女性はスカートやワンピースを着用するときは、黒か肌色のストッキングをはきます。靴はエナメルのような光る素材のものを控えて、バックルのような肌な飾りがついたものも控えます。ヒールがある靴を選ぶときは、ヒールが低めのもので音をあまりたてないものを選びます。