男性が葬式や通夜にでるとき

人の死というのはいつどのような形で訪れるのかということもわかりません。ですから、気持ちよく故人を送ることができるようにしていきたいものです。訃報がきて急に通夜に行くことになることもあるでしょう。男性の場合では仕事のスーツなどで参列をしても構いません。黒に限らなくても華美な色合いでなければ、平服に近くてもいいでしょう。ただ、あまりにもカジュアルな服装では好ましくないので、一度着替えてきた方がいいでしょう。
葬式にでることになるとしたら、きちんとした礼服や喪服にしたほうがいいでしょう。身内ではブラックフォーマルがいいのですが、そうでない関係者では黒いスーツでも構いません。葬式には必ず黒いネクタイをして、靴や靴下も黒、そしてタイピンをしないようにします。
また髪型も清潔感があるさっぱりとしたものがいいのですが、髪が伸びている場合にはにおいのないワックスで固めたりして、地味な装いで行くようにするといいでしょう。