訃報を聞いた後の対応とお葬式

訃報を聞いたら弔問をいつするのかは、故人とのお付き合いに応じての対応です。まずそれほど親しくない間柄であれば、わざわざ駆けつけることなく、お葬式への参列で構いません。むしろ亡くなった後何が大変というと、家族がお葬式などの手配などで忙しいので、あまり深いお付き合いがない人に、次々と家に来られても困るというのが正直なところです。

人が一人亡くなるということは、送り出して落ち着くまでの期間が、とにかく大変なのです。お葬式のあとにも行事はありますし、地方であれば人付き合いは余計に濃厚ですので、普段からほとんど付き合いのない人に、家にこられるの果てまでしかありません。

バタバタと忙しい時は悲しさもないものの、落ち着くと家族も悲しさが来るといいます。それでも親しい間柄ではないならば、訃報を聞いたとしても、わざわざ出かけないほうが親切です。お互いに日本人は忙しいのですから、お葬式に参列をして送るのがいいことです。

PR | 電動ベッドをお探しの方はこちら