お葬式の後に渡される「御清めの塩」とは

お葬式に参列した後「御清めの塩」と書かれた小さな小袋を渡されることがあります。これは参列者が身体を清めるための塩で、穢れを祓うという意味があります。
「御清めの塩」は自宅に入る前に、玄関先で使います。清める前に玄関に入ってしまっては穢れも一緒に家に入ってしまうので玄関より前で使いましょう。胸、背中、足元の順に少しずつふりかけるのが正しいやり方です。
ただし、「御清めの塩」は全てのお葬式で渡されるわけではありません。塩が穢れ祓いの道具として使われるのは神道によるもので、仏教とは無関係だからです。ところが、日本では神道と仏教が複雑に混ざり合ってきたために、仏教でのお葬式でも穢れ祓いのために塩が使われるようになりました。最近では仏教とは関係ない清めの塩を廃止する宗派も増えています。
ですから、「御清めの塩」は配られたからといって必ず使わなければならないものではありませんし、配られないからといって葬儀社にクレームを入れるようなものでもありません。「御清めの塩」を使うか使わないかは自分で判断するようにしましょう。