お葬式に出席出来ない場合に行う事

親しかった人等に最期の別れを告げる事になるお葬式ですが、訃報を告げられるタイミングが急だった等を始めとする事情から出席したくても出席する事が出来ないという事態も起こりやすい物となっています。
そこで今回はこの様な場合に行う行動について説明していきたいのですがこれには幾つかの段階がある物となっており、その1つ目となるのが出席する事が出来ないという意思を伝える事になるのです。
この方法としては電話や電報等様々な手段がある物となっているのですが、これ等に共通して言えるのは出席出来ない理由と故人に対する弔意を絶対に伝えなければならないという事になります。
尚出席出来ない意思を伝えた後は供花か盛籠を贈る事も出来る物となっているのですが、これは故人と特別親しかった場合には絶対に行った方が良いでしょう。
これ等を終えたら後日、弔問に伺う事や年賀欠礼のお知らせといった物でお葬式に出席出来なかった事を詫びる事になるのですが、弔問という方法を取る場合には予め伺う旨を伝える等して遺族の負担を少なくする必要がある物となっています。