葬儀に参列する場合のメイク

葬儀のような厳粛な儀式の際には、女性の場合は特に、服装やメイクなどについても細心の注意を払っておいたほうがよいといえます。服装については、基本的に黒系統のスーツ、ワンピースといった喪服、または和服であれば黒羽二重というのが定番どころとなっており、これとは似つかわしくないような派手な衣装というのは場違いであると、あとで非難されることにもつながりかねません。また、髪飾りについても同様で、アクセサリーのたぐいは極力身につけないほうが無難といえますが、もしも髪をまとめるのに必要があるのであれば、黒い色のリボン、バレッタなどといった、華美にならない程度のものがふさわしいといえます。メイクに関しても、口紅、アイシャドー、チークなどは派手な色合いのものは避けて、できるだけ地味に、ナチュラルなタイプのものがよいとされています。特に、色合いにくわえて、ことさらに光沢、つやを出すようなタイプも控えたほうがよいといえます。